島根県でセフレ探しをするならば、3つのエリアの違いについて頭に入れた方がいい

島根県は鳥取県に次いで全国で2番目に人口が少ない県で、なおかつ高齢者人口の割合が全国一位ということであれば、地元でしか県民に出会う確率は低いということが言えます。島根と言って思いつくものと言えば出雲大社が有名ではないでしょうか。10月は神無月と言われますが、出雲大社には10月に神が集まってくるから神有月という名前が付けられたりするほどです。島根においてセフレ探しをする際のポイントについて言及します。

東西に長く3つの地域に分かれる

島根においては東西にとても長く、県西部である石見地方と県東部である出雲地方、隠岐の島がある隠岐地方の3つに大きく分かれてきます。石見地方については出稼ぎが盛んで行商などで他の地域との交流が活発に行われていました。気性がさっぱりしているために付き合いは比較的楽です。

出雲地方については神の国と言われますので、真面目で勤勉さが目立ちます。ただ、引っ込み思案で保守的なところがありますので、仲良くなるまでにどうしても時間がかかってしまいます。隠岐地方は日本海にある島で独立心がとても旺盛なのが特徴的です。

3つのエリアの違いを踏まえて付き合うべき

地域によって性格が相当異なるわけですが、恋愛やセックスの傾向においても異なるところが相当あります。出身地によって攻め方を変えていったほうが成功する確率は圧倒的に上がるでしょう。セフレを見つける際にも同様で出身地を踏まえたうえで付き合ったほうがいいです。

石見地方や隠岐地方の場合はいろいろな人と付き合おうとしますので、お互いの気持ちが一致したらセフレへの展開もあり得ます。それに対して、出雲地方の場合は真面目さ一辺倒なので、愛がないとセフレを作るということはできにくいと認識しましょう。