長野県は理屈っぽいところがあり、セックスにおいてもマニュアル通りであることが多い

長野県はどうしても北信の長野市と南信の松本市への対抗意識がとても強いです。廃藩置県においてどちらの都市に県庁を置くのかということでし烈な争いがあったということから、県の面積が広いこともあって北信と南信は独自の特徴がありますので、それを踏まえてセフレ探しをしたほうがいいです。

何よりも理屈っぽくで議論好き

長野は何よりも教育県として知られていることもあって、教育にとてもお金を掛けます。教育に力を入れているために、勉強して出世をすることを目標にしている人が多いです。しっかりと勉強を頑張ってきたからということもあってとても理屈っぽくて議論好きです。これはビジネスだけでなく家庭やネオン街でも繰り広げられているわけです。

新しいことを知るのは好きなので理解力はそれなりにあります。しかし、頭でっかちなところがあって行動力が無いということから、しばしばコタツ文化と揶揄されることもあるくらいです。それだけでなく結構頑固で冗談が通じない堅物な人も多いので、いろいろと付き合う際には気を付けた方が良さそうです。

マニュアル通りの考え方をする人が多い

長野においてセフレを作るということについて受け入れられない人が中にはいます。セックスに関して真面目に考えますので、もしかすると結婚してから性行為を行うという考えを持つ人すらいるくらいです。柔軟に考えることができないために、セフレを作ることについて抵抗感がある人がいます。

性行為についてもどこかで学んできたようなマニュアル通りであることが多いです。アブノーマルプレイをするというようなことはあまりしないでしょう。刺激的なプレイについてはちょっと引いてしまうようですので、最初はオーソドックスなプレイを心掛けるといいでしょう。