出会い系サイトのサービスの変化

出会い系サイトを以前使っていたけど彼女が出来てからしばらくは使わず、彼女と別れて久しぶりに使ってみたなんて人もいるでしょう。
久しぶりに使用するとそのサービスの変化に驚くかもしれませんね。
以前であれば基本的にパソコンサイトからのやり取りが主流でした。
そのためメールの返信は24時間以内に返信をするのがマナーなんて言われていました。
しかし今その感覚でメールをしてしまうと相手は不満に思うかもしれません。
なぜかというと現在はパソコンサイトを利用するよりもスマホやタブレットから利用する人が多いからです。
自分がスマホサイトを利用しているため、相手もスマホサイトから利用しているだろうと思うわけです。
そしてスマホなら昼休みや休憩時間、ちょっとした仕事の合間にだって返信出来るはずなのになんでこんなに返信までにタイムラグがあるの?と感じてしまうわけです。
チャットのようにリアルタイムでメールに返信といかなくてもせめて相手のメールが届いてから1〜2時間で返信をしたいところです。
ただそうやって返信速度が早くなる事へのメリットもあります。
それは1日に数回のメールのやり取りが出来るためそれまでは1ヶ月メールのやり取りをしてようやく出会いにこぎつけていたものを半月ぐらいに短縮する事は十分に可能でしょう。
メールのやり取りの回数が増えれば自然と距離は縮まります。そのため短期間で親しくなれる環境になったというわけです。

まずは相手の警戒心をとく事が先決

出会い系サイトで知り合った相手の事をいろいろ知りたかったり、早く会いたいという気持ちになるのは分かります。
しかしまずあなたが先にしなければいけない事は相手の女性の警戒心をとく事です。
例えばあなたは相手の女性がどんな顔をしているのか知りたいですよね、
なので写メの交換をしたいと思っているかもしれません。
それなら出会い系サイト内でのメールのやり取りだとメール1通当たり送るのに料金が発生する。
出来れば直アドをゲットして直接やり取りしたいと思っているかもしれません。
しかしながら写メの交換も直アドもどちらも相手が警戒する事の1つです。
いきなりよく知らない相手から言われても断るでしょう。
まず警戒心をとくために自分は紳士的で誠実な人間である事のアピールをしましょう。
そして共通の趣味や共通の話題を見つけていろいろ会話を楽しみましょう。
自分の事をいろいろ知ってもらうと相手も警戒心を緩めてくるものです。
ですがやはり一定数の時間が立たなければ相手の警戒心を解くのが難しいでしょう。
焦らず時間をかけてアプローチする事でようやく女性は警戒心を解いてくれるのです。
そして写メの交換をして直アドを教えてもらい、そしてデートに誘う。
ここまで来たら目的まであと少しです。焦らずでも確実に相手にアプローチをして下さいね。

初デートはどこに行くべきか?

出会い系サイトで知り合った相手と初デートをする事になったとしましょう。
あなたは初デートでどこに行きますか?
実はこれとても難しいのです。
出会い系サイトの場合メールのやり取りでお互いの事を知っていると言ってもやはり実際に会うのは初めてですから緊張もするでしょう。
これで遊園地なんて行ったら大変な事になってしまいます。
遊園地=デートの定番というイメージがあるかもしれませんが、結構乗り物の待ち時間が長いのです。
その時に会話が途切れてギコちない雰囲気になったらどうしますか?
他の周囲が楽しそうなだけに余計にいたたまれない気持ちになるでしょう。
映画もお互いの趣味が映画で共通の話題が多いのであれば、見たい映画を見た後に感想を言って盛り上がるのはいいと思います。
しかしそうではない場合は、まず映画の2時間は会話が出来ないので、映画デートではあまり距離が縮まらないと考えて下さい。
ドライブデートの場合は初対面の相手といきなり車の密室空間となると女性もいろいろ警戒してしまうでしょう。
女性がどこに行きたいのかリサーチしながら、その行きたい場所に合わせて食事をする場所などデートコースを組んでいきましょう。
男友達とは違い、ヒールの高い靴では長い距離は歩けませんし化粧直しのタイミングなども考慮しましょう。